「家族で運営」だから責任と安心を!時には命にもかかわる不動産だから24時間対応
笑顔で年中夢休!
2017年07月20日
ブログ

昭和の分譲マンションのトイレ交換時事例

昭和の時代に建築されたマンション、結構多いですね。

 

このようなマンションの設備は和式トイレとか、洋式でも

古かったりとか、不便な事が多いですね。

今回、借主さんよりトイレが古いことによるSOS連絡が。

写真の現場は、トイレの排水配管が施工不良による

つまりの関係で、汚物が部屋に大逆流するという

ご迷惑をかけた現場改修工事です。

 

古いマンションや戸建てを取得して賃貸経営をする

家主さんには、このような修繕費の負担リスクがあることを

ご理解いただいてご購入いただかなければいけないのですが、

最近の投資ブームで、メンテナンスが必要なタイミングで

投資家が素人投資家に収益物件を売りつける傾向があるので

要注意です。

 

きづな住宅では、このようなクレームを頂いたら、

トイレの交換をしております。

 

 

 

妥協なく直す大家

新品のウォッシュレットトイレに交換して差し上げました。

 

これで真心大家の対応完了です。

これからも、不具合が起きたら、グズグズケチらず、

直ぐ対応できる大家でありたいと

思います。

arrow_upward