「家族で運営」だから責任と安心を!時には命にもかかわる不動産だから24時間対応
笑顔で年中夢休!
2018年08月18日
ブログ

川越の戸建のきづな住宅による床下点検(シロアリ・水道配管・床下換気量調査)

きづな住宅では、リフォームやリノベーション、戸建て売買などをする際に

床下をシロアリの匠に見て頂き、写真や動画で所有者さんや購入予定者さんに

報告していることが殆どです。

 

 

床下に潜れない古い家もお任せください

このような点検口がある家は良いのですが、無い場合は、

押入れの床や洗面の床などに点検口を設けておきます。

 

これからも家を永く使おうと思ったら、

床下の点検は必須です。

基礎のひび割れ、シロアリの有無、水漏れの有無、

布基礎なら、土壌のしょめり具合、床下換気の風通し具合、断熱材の痩せなど、点検する項目は多いです。

 

不具合がある場合は、改善をご提案します。

床下換気量が不足している場合、換気量を増やす

必要があります。

 

昔の家は、現代の新築戸建て土台全集殻の換気と違い、写真のように

基礎に風穴を開けて換気を取っています。

(へー○ルハウスは、いまだに風穴!?)

 

ベテランチームのきづな住宅では、

このような項目を瞬時に判断できます。

 

だから、先ずは「買っていい家なのか?」

「修理で完治できるレベルなのか、修理に値する家なのか?」

について、適切に判断してから、着手ができる関心感があります。

 

きづな住宅は「家のお医者さん」あなたのご家族の

家の主治医です。

 

 

arrow_upward