「家族で運営」だから責任と安心を!時には命にもかかわる不動産だから24時間対応
笑顔で年中夢休!
2017年07月28日
ブログ

川越で1番評判や対応が良いと言われる賃貸管理会社を目指して

写真は、川越水上公園で行われました、キッズトライアスロン

で見事メダリストとなりました、きづなっ子長男です。

 

私も息子に負けず、川越ナンバーワンの真心賃貸管理会社

だと言っていただけるような経営を心掛けています。

本当の賃貸管理とは、誰の物件でも預かり、どんな入居者でも入れてしまうのではない。 1対1の真剣な人人との繋がり。


きづな住宅が目指す方向とは。
賃貸にお住まいになる方も、持ち家の方も、家主さんも。
それぞれのお立場でより良い生活環境を求めるもの。

世間がそうだから。
他がそうだから。

きづな住宅にはその様な概念はありません。
別に、悪い習慣でなければ改める必要はありませんが、
「なんかなぁ…」
「イマイチ納得出来ないなぁ」
そういう業界の「常識の非常識」はきづな住宅では変えていきます。

具体的に申しますと、過去にもブログで綴りました
「ウキウキ納車に水を差す車庫証明の印鑑代」
のことであるとか、
「鍵交換費用を何故借主が負担しなければならないのか」
とか
「中古マンションのリフォームは売主が負担することで両者にメリットがある」
他にも挙げればきりがありません…

そんな気持ちを胸に、開業して7年。
早いような遅いような…
いつもたくさんのお問い合わせ・ご契約ありがとうございますm(__)m
大家さんにもポツポツご相談を頂き、感謝です。

大家さんからのご相談の多くは
「管理会社の募集に工夫がなく決まらない」
「お金ばかり請求されて(リフォームや広告料など)入居者が入らない、
入ってもすぐ出て行ってしまうので赤字である」
「永く住んでもらえないので、埋めても出るの繰り返しでその都度
お金ばかり掛かって経営になっていない」
そんなお話が多いです。

そんな大家さんに限って
「熱意がある」
「勉強されている」
「情報収集されている」
「本物を見分ける力がある」
「大家さんとしての真心を持っている」
と感じています。

借主さんは、この様な時代にキャッチアップされている
大家さんの物件に入れたらお住まいになってから嫌な思いを
する確率が相当減りますね。
でもどうやってその様な大家さんの物件を見つけたらいいのか?
そう、その様な本質的なでも大変大事なディープな情報はなかなか
手に入らないですね。
だから弊社のホームページでは物件を厳選しています。
何を厳選するかは多岐に渡り、「古いけど楽しい」
「五感に響く何かがある」
「管理会社がしっかり対応してくれる会社である」
ここを物凄く大事にしています。

さて、そんな素敵な大家さんのお一人がきづな住宅を訪ねて
管理と募集の委託を下さいまして3年。
オーナー自身がこのお部屋に惚れ込み、熱意を持って先ずは私に
このマンションを購入した背景まで語って下さいました。
オーナーから「ニャンコ大歓迎」
こんな言葉を聞いたのは私は初めてです。

 

私が大切にしたい、真心ある方との

1対1の人と人とのつながり。

本当にありがとうございます。

 


このオーナーの南大塚駅前賃貸レトロマンションですが、

今回、浴室のバランス釜を取り外し、給湯器を付けて室内洗濯機置場も

設けて、堂々再デビューしました。


なかなか無いキャラを持ち合わせている南大塚駅前のお部屋です。

駅徒歩1分! マンションの下には商店があり、

美味しい手作りのお豆腐屋さんが。 ここに住んだら、スーパーの

お豆腐屋は買わないでしょう!


どうぞご検討くださいm(__)m

https://kizuna-home.co.jp/detail/2096



『不動産は緊急なこともある』から『24時間対応』です。


きづな住宅は365日年中無休・24時間対応です。

この記事を書いた人
川島 大 カワシマ ダイ
川島 大
私達は不動産屋ではありません。 住まいを通じた家族の幸せコーディネーターです。 そう名乗るからには、本気で妻を愛し、家族を大切にし、人と人とのご縁をつなぐ存在でありたい。そう願い「きづな住宅」を起業した1代目社長です。 最初に世に出た時、大手ハウスメーカーに就職したことがきっかけで、不動産より建築が私の原点です。不動産業者は住宅や建築の知識に乏し方も多く生息する業界です。 そんな中で「きづな社長と造る家シリーズその230」まで手がけ、いまも注文住宅・アパート・貸家建築続々プロジェクト進行中! 空室に悩む大家さんの味方「満室請負人」でもあります。 古くても、昭和の木造でも、沢山の賃貸住宅を再生させてきました。 古くても「発想と熱意と真心と人脈」でリノベーションしますと、くすんでいた建物も蘇ります。 蘇ると、住んでいる人もイキイキして来て、賃貸経営が上手くいくようになります。 私も大家です、皆様のお悩みに真剣に同じ立場で小手先ではない、将来を見据えた本物の「空室対策」のアドバイスさせていただきます。
arrow_upward